スマブラ

【スマブラ】スマブラDXで簡単にフォックスの『二連ブラスター』ができるようになる方法。


どうも、久しぶりにジムに通って筋トレしたら全身筋肉痛になって苦しんでるヒトリです。

今日はタイトルにありますとおり、スマブラDXにおける最強キャラ、フォックスの固有テクニック、『二連ブラスター』を簡単に行う個人的にオススメの方法をご紹介したいと思います。

 


二連ブラスターとは?


フォックスのブラスターは連射性能が高く、ショートジャンプから着地までの間に2発撃つことができます。これにより、ブラスターによる遠距離でのダメージ稼ぎが効率的にできるようになります。

※注意点
ダメージ稼ぎが効率的にできるというだけで、必須テクニックというわけでありません。

もっと操作制度とか立ち回りとか覚えるべきより重要な要素はありますし、こればっかりやってるとラインを詰められて不利状況に陥ることもザラです。

あくまで、あると少し便利だねってレベルのテクニックですが、しかしできるとカッコいいですよね。ロマンです。


入力方法について


まず前提として、入力方法はYジャンプで「Y→B→B→Y→B→B→Y→B→B・・・(以下繰り返し)」とします。まぁこれが一番基本的な入力だと思います。

Xジャンプでも出来ないことはなく、実際にそれでやっている人もいますが、GCコンの構造上XからBまでの距離が長く、かなり難しいので自分はオススメしません。

また、一説にはスティックジャンプでやるのが一番簡単という話もこの前聞きましたが、その場に留まって打ち続けるならともかく、動きながら二連ブラスターを立ち回りに組み込むのであれば、スティックジャンプはちょっと厳しい気がします。

で、話を戻しますが、いや「Y→B→B」でやるなんて普通やんけ。知っとるわーい。と思ったかもしれません。

しかし、これはあくまで入力方法。本題はここからです。

 


用意するアイテム


入力にあたって、こいつを用意します。

そう、ネット包帯です。

ご近所の薬局ならどこでもこういう指にはめ込むタイプのネット包帯が売っているかと思います。これを親指に装備します。ちなみに5本入りでお値段税抜き価格で198円。リーズナブルですねぇ。

二連ブラスターの入力で一番難しいのは「Y→B→B」のうち、最初の「Y→B」間の入力です。ジャンプして空中に浮いてからブラスター1発目を猶予3Fの間に入力しなければなりません。(※)

(※)確か。スマブラ警察の皆さん間違ってたらツッコんでください。

しかし、このネット包帯をつけて摩擦を軽減することで、その1発目のブラスターの入力を限りなく早めることができます。親指を滑らせる感じでY→BB、Y→BB・・・とスムーズに撃てるようになります。

↓↓↓実際にやってみた動画がこちらです。(撮影者協力:Akiさん)

安定してできると言っていながら何度かミスっててごめんなさいw(カメラを向けられると緊張してしまうんです。)正直これが一番やりやすい方法だと思っています。

ちなみに撮影協力してもらったAkiさんにその場で試しにやってもらいました。彼もフォックスを日常的に使っていますが、二連ブラスターは全然できないと言っていたので、ネット包帯の性能を実感してもらいました。

「ホントですか~~??( ˘•ω•˘ )」と半信半疑だったAkiさん。包帯を貸してやってもらった結果、それまで一回もできてなかったのに開始3秒でできました。即落ち2コマでした。

あまりのあっさり感に「うわっwwwすごいwwホンマやできるww」とAkiさん大笑い。
初めてなんで安定して連続でできたわけではありませんが、慣れれば自分がやってるように自然にできるようになると思います。

 


補足


ちなみにネット包帯のみでも十分なのですが、より安定させる方法として、僕は指サックとの併用をオススメします。(指サックは薬局などでも売ってるので、合わせて買ってもいいですね。また、100円ショップなどでも手に入ります。)

というのも、元々滑りやすくするために装備したネット包帯なので、操作している度にどんどん滑ってズレてきます。取れるまではいくことはなかなかないですけど、ズレて操作しにくくなったり、気になったりして試合に集中できないという状況が出てきます。

それを防ぐ方法として考案したのがこの指サックの併用です。

やり方は簡単。

①はじめに親指に指サックをはめて

②その上から包帯を装備します。(画像では分かりやすくするために捲くり上げてますが別に捲くり上げる必要はありませんw)

これで激しい操作を行っても、ネット包帯が全くずれることなく、安定してすばやい入力を行うことが出来ます。

 


あとがき


以上、二連ブラスターを安定させる

『包帯指サック・スタイル』

のご紹介でした。(今さっき命名しました。)

上記の理由から、フォックスの操作制度を高めるため、自分はスマブラするときはいつも右親指にネット包帯をつけてやっています。

が、そんなこと普通は分からないので、スマブラDXの大会で初めて僕と当たった方にはいつも「指どうされたんですか!?」「大丈夫なんですか!?」「そんな怪我した状態でスマブラできるんですか!?」といった具合に心配されます。そりゃそーですよね。

その誤解を解くために「もういっそのことスマブラDX界全体にこういう理由でやってるんだって広めたらいいんじゃないか?」という気持ちでこの記事を書かせていただきました。僕個人としてはこの方法、とってもオススメです。

また別の記事でご紹介しますが、Y→B間の動きを素早くするというのは、遊撃使いなら分かると思いますが、リフ絶空関連でもとても役立ちます。なので、なかなか馬鹿にできないメリットがあると自分では思っています。

というわけでDX界に広まっていけ!『包帯指サック・スタイル』!!Σb( `・ω・´)

しかし遊撃使い全員が親指に包帯し出したらそれはそれで少しシュールな光景になるなぁと思いつつ、今回はこのへんで筆を置きたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!