ゲーム

【スマブラ】スマブラしてて親指が痛くて悩んでる方必見!指サックはいいぞ??


どうも、最近になってようやくFGOを再開し始めたヒトリです。

第6章で何か敵キャラめっちゃ強くなって勝てへーんってすっかり放置して止まってました。

いつの間にやら出てくる英霊増えすぎてておじさんついていけてません。新宿のアサシンってなんぞ。

さて、今回はタイトルにもありますとおり、自分が何で指サックをしてスマブラをしているかという「指サック・スタイル」にいたった経緯について今日はつらつらと書いていこうと思います。

指サック・スタイルとは

まぁ、かっこいい感じにしてますが、単にスマブラするときに指に指サックをするってだけの話です。そのまんまです。

大会で僕を見かけたスマブラーは「何であの人あんなに指サックしてスマブラしてんの?」って思っていることでしょう。うん、僕も逆の立場なら絶対思います。

理由としては次の2点です。

①乾燥肌で親指が痛い

 

指サックをつけた一番最初の理由はこれです。

生まれつき乾燥肌で悩んでおりまして、今はそれほどでもないですが、昔はいくつも手にあかぎれができて、一時は手が絆創膏だらけのときもあったほどです。

スマブラは特にステップ関連で激しく3Dスティックを動かしますので、左親指の腹の皮がどんどんめくれていくんですね終いには薄皮一枚レベルにいたってめちゃくちゃ痛いんですよ。

最初はこれを防止するのに絆創膏を張ってやったりもしました。痛みは引いたんですが、スティックとの摩擦が弱まってかえって滑りやすくなってしまい、操作に支障をきたすという問題がありました。

これを何とかする方法はないものかと悩んでいたところ、もう3~4年くらい前になりますか、スマブラDXのオフ大会(当時はまだスマバトだったかな?)に参加したときにミスター下投げループでおなじみ、SamurAIさんと対戦する機会がありました。そのとき、彼はなんと左親指には指サックをしてプレイしていました。

それを見た瞬間、某麻雀漫画みたく電流が走りました。

これだと。(´◉◞౪◟◉)

とまぁそんな経緯で左親指に指サックをつけることになったのです。おかげでめっきり左親指の皮膚が荒れることがなくなりました。彼はそんなことは露知らずって感じでしょうが僕はこの発想をくれたSamurAIさんにとても感謝しています。ありがとうSamurAIさん。

(※)ちなみにSamurAIさんが何でその時に指サックをつけてたかというと、彼がその当時使っていたコントローラーの3Dスティックのゴム部分が取れてしまい、プラスチックの硬い部分が露になっていたので、素手のままだと痛いからという理由でしたw僕とは全く違う理由です。今現在彼は別のコントローラーになってるのでもう指サックしてません。

しかし、もし彼と同じようにコントローラーを激しく動かしすぎてゴムがとれてしまい、スティックを動かす時に痛いという人がいらっしゃるなら、指サックはわりとありだと思います。スティックのゴムが無くても、痛み無く操作ができると思います。お勧めですよ。

②滑り止めになる

もう一つの理由は滑り止めです。先ほどの①の話にも繋がるのですが、親指は乾燥肌なので、ものすごく滑りやすくて、スティックをしっかりと意図した方向に動かしにくいという悩みもありました。

しかし指サックをつけることで、左親指がスティックからずれることなくなったので、ストレスなく安定した操作ができるようになりました。まさに一石二鳥です。

で、本来ならこれだけでも十分なんですが、自分は最近中指や薬指なんかにも指サックをつけています。これはコントローラーを握っているうちに生じる握り汗対策の滑り止めです。

よく上位プレイヤーの方々でも、握り汗対策に手ぬぐいやタオルを用意している方がいらっしゃいますね。

海外だと世界ランク9位のフォックス使いSFAT選手、国内だと国内最強ピーチ使いである疾風さんや青ヨッシー使いでジャパニーズaMSaことプラタさんなんかもそうですね。セット終了後や自分のストックを失った時とかに合わせて、自分の手汗を拭いて手の状態を整えているのが伺えます。

ああいう風に手汗を処理してもいいんですが、自分はコントローラーを握る際に、なんと言うかこうベストポジションみたいなものがありまして、なるべくそれを試合中キープしたいと思っています。

なのでタオルで拭こうとすると、コントローラーを一度離さざるを得ないので、あまりやりたくないなーという変なこだわりがあります。

そこで指サック先輩の出番です。中指や薬指はコントローラーを握る際に特に力がかかっている部分なので、ここに指サックをすると多少手のひら部分に汗がにじんでもしっかりとポジションキープしてくれます。

根っ子がしっかりしているお米の苗みたいなもんです。台風が来たり 大雨が来たりしても この根っこがあれば絶対負けないよね!って松岡修造さんも言ってますw

 

あとがき

というわけで需要があるかどうか分かりませんが、スマブラをする際に意外と役立つ指サックの効果についてのご紹介でした。

まぁ僕みたいに指を完全武装する必要までは無いんですが、左親指だけでもやってみる価値あると思いますよ。

一度指サックの安定感に触れてしまうともう指サックをする前には戻れなくなります。マジです。こんな生の親指で操作できるわけないやんってなります。「指サックが無いのにスマブラなんてできるわけない!」ってなること間違い無しです。

というわけで今回はこの辺で。

次回は相変わらずどこに需要があるのか分かりませんが、そんな指サックの中でもオススメのものをご紹介していきたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!