旅行・遠征

【旅レポ】北海道旅行4日目 第10回スマブラDX北日本大会1日目(対戦会)+札幌市内観光編(後編)


どうもみなさんこんにちは。

最近やりたいことが多すぎて何から手をつけていいか分からなくなってきたヒトリです。多趣味すぎるのも考え物ですね!

とりあえずまずはできることからということで、このブログを優先的に更新して行こうと思います。

では、前回の続きからということで、対戦会後の札幌観光の内容をお届けします。

【前回記事】↓

 


コントローラーがぶっ壊れてモチベが駄々下がってしまった僕はスマブラの会場を後にし、唐突に札幌観光を始めるわけですが、何分唐突に決めてしまったもので、じゃあどこにいったものか?と駅に向かう道中、歩きながらに熟考。

やっぱり札幌らしいものというと、テレビ塔か時計台あたりが無難か?とガイドブックを眺めながら読んでいた時、あの方の存在を思い出しました。

 

「Boys, be ambitious.(少年よ。大志を抱け。)」でおなじみ、クラーク博士です。

 

札幌といえばこの人に会わざるを得まい!ということで、早速この方の銅像がある「羊ヶ丘展望台」を目指し、まずは最寄り駅であるJR福住駅へ。

 

 

 


札幌ドーム


JR福住駅に近づくにつれ、電車の中に日ハムのユニフォームを着た日ハムファンがだんだんと増えてきました。

その光景を見て改めて地図を見直して気づいたんですが、目的地である「羊ヶ丘展望台」の敷地の隣には(といっても端っこの方ですが)日ハムの本拠地である札幌ドームがあるんですね。

ちょうどこの日、札幌ドームでは日ハム対オリックスの試合が午後から始まるということで、福住駅に到着するころには電車の中はぎゅうぎゅうの満員でした。

本当はこの福住駅にあるバスロータリーから、羊ヶ丘展望台行きのバスが出ているので、これに乗って行こうと思っていたんですが、札幌ドームと羊ヶ丘展望台って近いみたいだし、せっかくだし札幌ドームも見ようと徒歩で行くことを決断。

この判断が後の悲劇を生むことに・・・。

 

福住駅について、日ハムファンの人たちについて行き、歩くこと5分、札幌ドームが見えてきました。

小高い山の上にあるからか、ものすごく大きく見えました。あんまり野球には縁が無いので、ドームの実物を近くで見るのこれが初めてでした。もうちょっと野球に興味あったらそのままチケット買って中で観戦していたかもしれませんが、外観周りなどを見て終了。

日ハムの選手で存じ上げているのは中田翔選手と杉谷拳士選手くらいですね。(完全にとんねるずのスポーツ王しか見てない奴。)

 


札幌ドーム~羊ヶ丘展望台までの道中


札幌ドームを軽く見学したあと、本来の目的地である展望台に向かい始めるんですが、

↑進行方向(羊ヶ丘展望台方面)

↑上の写真からちょっと行って振り返った写真(札幌ドーム方面)

歩いても歩いても札幌ドームの敷地が終わらない問題が発生。(※)

(※)恐らくこの見えてる並木の向こう側は全部札幌ドームの敷地。

10分近く歩いてるのに、一向に札幌ドームの敷地から抜け出せないんで「あれ??おかしいな・・・地図上では隣なのに・・・」ってスマホでもう一度地図を開いてみましたら

 

2.4kmもありました(徒歩33分)(´◉◞౪◟◉)

さすが北海道、地図の縮尺が狂ってます。そりゃ着かねぇわけだわ。

 

ここまで、小樽、積丹半島と歩きに歩きまくっているので、ここで更なるダメージを追うのは賢くないし、時間も余計にかかってしまうと思い、バスを使うことを決断。

 

ちょうど、展望台の敷地が面している大通りにバス停を見つけたので、やったぜオイこれで展望台まで楽勝だぜと思い乗車しましたら、

 

 

明後日の方向に進んでいきました(´◉◞౪◟◉) ファック。

 

 

 

「青線」・・・僕が想像していたルート 「赤線」・・・乗ってしまったバスの運行ルート

展望台前の大通りに面するバス停やからこのまま大通りに沿って(上の青線)展望台に行ってくれるやろと思ってました。

「次は~札幌国際大学前~」とか言い出すもんだからこりゃいかんと乗ってすぐ一つ目の停留所で降りたんですが、降り立ったのは展望台から遥か遠くの全く見知らぬ土地。

こういうとき、降り立った道の反対側には、来た方向と逆に進む路線のバスが停まる停留所が会ったりするもんですが、ここには一切無し。

 

ならばと通りかかるタクシーを探すが、全く通らず。

 

あれ、これもしかして詰んだのでは??( ̄□ ̄;)

 

焦りだすヒトリ氏。ひとまずこういうときはスタート地点に戻るべしと、福住駅行きのバス停が無いかスマホで検索をかけつつ、付近を捜索し、探し回ること10分。ようやく福住駅に戻るバスを発見。何とか最初の出発地点に戻り、展望台行きのバスに乗ることができました。

 

30分の徒歩を回避するはずが、それ以上に走り回って肉体を酷使した挙句に時間をロスするという大変お間抜けな事態に。皆さんバスに乗るときは事前にチェックしましょう(アホ)

 

ちなみに展望台行きのバスですが、乗ってみたら僕が想定していたルートと全然違うルートでした。僕が徒歩で歩いていた大通りなんて全く通りませんでしたねw皆さん、羊ヶ丘展望台に行く時は大人しく駅のバスロータリーからバスに乗りましょう。

 


羊ヶ丘展望台


紆余曲折を経て、ついに到着しました。羊ヶ丘展望台。

降りてすぐ、広大な草原をバックに佇むクラーク博士の銅像が目に飛び込んできました。

クラーク博士の後ろには、先ほど訪れた札幌ドームが見えるんですが、あのでっかいドームがこんなに小さく見えるくらいには距離が離れています。改めてあんなところから歩いて来ようと思っていた自分のアホさを痛感すると共に、北海道のスケールのでかさに脱帽です。

 

羊が丘展望台って言うくらいなので、羊がいっぱいいるのかなぁと思っていたんですが、見える位置には何もおらず、羊の要素isどこ??って思っていたら、木の陰に申し訳程度の規模で10頭程度いらっしゃいました。なんかもの凄く眠そうでしたw

 

 

羊に出会ったところでお腹が鳴り、そういえばスマブラばかりで何も食べてねぇということに気づく。

付近を捜すと羊ヶ丘レストハウス なるものを発見。ネットで調べてみると、ここのレストランでは新鮮なラム肉のジンギスカン料理を楽しめるという。俄然興味が出てきてさっそくお店の中へ。

 

ジンギスカンといえば北海道を代表する料理ですが、ここまで海鮮系ばかりを食べててすっかり思考から抜け落ちていたので、これを食べずに福井に帰れまいと早速注文。

待つこと数分、おじさんがたっぷりのお肉と野菜を携え、鉄板の上で焼いてくれました。

こちらが特選ラム肉・ジンギスカン定食(180g) (ライス・味噌汁付)で1,990円。

こんなん美味しいに決まってるんやんけ~~ふざけんな~?(半ギレ)

いやホント、北海道の食べ物、全部が美味い。ずるいわーホント。

羊肉って人生初でしたが、臭みとか全然なくてやわらかく美味しいお肉でした。もし次回北海道にくるときがあったらラム肉だらけの焼肉がしたいぞ。

 

ちなみにこのあと食後のデザートにレストハウス隣のお土産屋さんの1階で販売していたラベンダーソフトクリームを食す。なんかこの旅、行く先々でご当地ソフトクリームを食している気がします。

 


さっぽろテレビ塔・時計台・北海道庁旧本庁舎


ジンギスカン定食を食べ終わった頃にはすっかり夕暮れ。残った時間で札幌市内中心部の時計台とかを見ようと羊ヶ丘展望台を後にし、電車で大通駅へ。

地震後の節電により、さっぽろテレビ塔はライトアップは無く、少し残念でした。

また時計台にいたってはまさかの修復中。

申し訳程度の外観図を描いたハリボテしか見れませんでした(ノд-。)悲しみ。

あと、旧北海道庁舎にも向かいましたが、到着した時にちょうど閉館時間の午後6時になってしまい、中に入ること叶わず。羊ヶ丘展望台に着くまでにいろいろと時間ロスをしてしまったことが響いてしまいましたね・・・無念( ̄□ ̄;)

しかし大通公園でこの初音ミク花畑を見られたのは良かった。とても綺麗でした。

 


えびそば 一幻


せっかく札幌の中心地に来たので、札幌で美味しいものを食べようと調べてみると「えびそば 一幻」というラーメン屋さんが有名ということを知り、市内を走る路面電車を駆使して移動。お店の前にたどり着くと、

 

ものすごい行列ができていました。

外に並んでいるだけでも15~20名くらい(駐車場もあって、車内待機組みを含む)いらっしゃったんですが、実は店内の長いすにも同じくらいの人が座っているという人気っぷり。しかも全席カウンター席なんで回転率はいいはずなのにこの混みよう。すさまじい。

 

20~30分近く待って、中に入ると、至る所に来店したことのある著名人のサインが。お笑い芸人や政治家、俳優など、名だたる有名人のサインが飾ってあって、人気の高さが伺えます。

 

で、こちらがメニュー表。このお店の売りは海老でダシをとったスープみたいなので、「そのまま」のえび味噌で注文。

 

まぁ、実際行列が出来ていてもね?

 

実際食べてみるとそうでもない過大評価なお店ってあったりするんでね?

 

ぼかぁ騙されませんよ??

 

アッハッハ~ww 超うめぇわ~~これww(即オチ)

海老ベースのスープって初めて飲んだんですが、海老の旨みがダシに溶け込みまくっててもうスープがつがつ飲んじゃいましたね。

あと上に乗っかってる海老のてんかすが単体で食っても美味しいし、麺と絡めて食べても美味しいという強キャラ性能。これ単体で売って欲しい。切に。

 

存分にえびそばを楽しんだ後、お会計を済ませ、外に出たらあらびっくり。僕が来た時と同じくらいの40人規模の待ち列が形成されていました。

どんだけ人気なんだこのお店・・・まぁあの旨さなら納得か・・・。

 


以上、こんな感じで札幌市内観光は終了し、このあとまたベテル宅に戻り次の日の大会に備えて早めに就寝しましたとさ。

次回は第10回北海道大会の内容をお届けしたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

【あとがき】

そういやベテルさんに寝る間際に「世界樹の迷宮」を布教されました。面白そうだったんでとりあえず今の「ファイアーエムブレム」を終わらせたら手を出してみようかなぁと画策中。

あのゲーム、女の子キャラ可愛いですよね~。キャラデザ神ってる。